上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.11.12 食育とは
こんにちは~食育教室 Grow の加藤です

今日は①食育とは ②食育教室 Growについてお話しします。


①食育とは

皆さんは「食育」と聞いてどのようなイメージをお持ちでしょうか?
2005年(平成17年)6月に「食育基本法」が制定され、「食育」という言葉をよく耳にするようになりました。

富山県では「富山食育推進計画」が取りまとめられ、食育の推進目標や具体的な活動が始まっています。
「富山型食生活」というものも考えられており、モデルメニューが紹介された冊子なども作られています。ただ、県内全家庭に配布はしていないようです・・・。

   「富山型食生活」・・・おいしい米と新鮮な魚介、野菜などの旬の地場産食材や地域に伝わる伝統的な食文化を生かした栄養バランスの良い食生活のこと。


 現在私たちの多くは、多様な食品を手に入れ、豊かな生活を送ることができる生活環境の中で暮らしています。
外食店舗の増加、冷凍食品・チルド食品・レトルト食品の増加、お弁当や惣菜類が製造・販売され、手をかけなくても食べられるものが簡単に手に入るようになりました。(中には栄養バランスを考えて作られているお弁当もあります。)
食べたいものを食べたいときに、調理する手間なく食べることができます。

現代は子供から大人まで毎日忙しい日々を送っており利用することも多いのではないかと思います。

 しかし、このような食生活環境では食べ物を大切にする心が失われたり、不規則な食事や栄養バランスの偏った食事の増加、それにともなう健康障害(生活習慣病の増加など)、食の安全性(BSE・鳥インフルエンザなど)、伝統ある食文化が失われるなどの問題が指摘されています。

また、食事の計画、食品の購入、調理、共食(誰かと一緒に食べること)の過程の体験がなくても食物を摂取できるということは、食生活を営む基礎知識や技術を低下させ、子供から大人までその影響は及んでいるといわれています。

確かに忙しい現代、食べ物がすぐに手に入ることは便利なことかもしれません。
しかし、それによって生きていく上で重要なことが失われており良いことばかりとは限りません。

1日3食365日、私たちは食ることにより元気に生活しています。

子供から大人までがともに健康な生活を送るために食生活を見直し、食への興味・関心を高め、生きる力を育んでいかなければならないと思います。
特にこれから大きくなる子供達が正しい食生活を身につけ、食の自己管理ができるようになる必要があると思います。
 
「食育」と聞いて難しい・・・と思うかもしれませんが、家族と一緒に食事をする、県内産の魚介や野菜を購入して料理する、子供と一緒に料理をするなど・・・これらもすべて食育です!!
身近にできることがたくさんあります。

皆さんも身近なことからはじめてみてはいかがでしょうか?

















 




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://syokuikugrow.blog74.fc2.com/tb.php/4-6797d8d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。